不正出血が起こる原因

考えている女性

性行為でコンドームをつけずに常に緊急避妊薬に頼る人々が多くいます。
もともと避妊薬には副作用があるとされており、その副作用もさまざまです。
緊急避妊薬によって不正出血が起こる原因としては、副作用が関係していると思われます。
その多くには血栓症があります。
心臓と肺に血液の流れがせき止められることによって起こります。
血管の中で血液が固まると血栓ができます。

心臓や脳などの重要な臓器に血栓が詰まると、心筋梗塞や脳梗塞の病気になる事は有名ですが、血栓の形成には血小板が関係しています。
健康なひとの血管の内側は血管内細胞におおわれています。
血小板が血管の壁に付着することはありません、しかし緊急避妊薬を長期間飲み続けると血管内の細胞の機能が損なわれることによって不正出血を起こすこともあります。

副作用でもある血栓症が起こる血栓が形成されるには、血栓の接着力が増して塊を作ります。
一部は剥離してより狭い血管に詰まります、血栓の詰まった組織は壊死します。
血栓には血管内皮や血小板や血流などの複数の因子が関係するため、避妊薬の成分を理解することが必要になります。
避妊薬には卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていて女性ホルモンのバランスを整える事ができるようになっていますが、卵胞ホルモンは血液を固まりやすくするために血栓症のリスクが高くなります。
不正出血とも関係があるとされております。

関連記事
生理が何日遅れると妊娠の可能性があるか 2019年08月14日

一般的に妊娠しているかもしれないと気付くのは生理の遅れがきっかけが多いです。では、生理が何日遅れたら妊娠の可能性があるのか説明していきます。もちろん、生理が予定日になっても来ないからと言って必ずしも妊娠しているというわけではありません。実際に、体調不良やストレスが原因で生理不順はあります。生理が何日...

アイピル (I-Pill)使用しても生理が来ない!? 2019年06月29日

アイピル(I-Pill)は世界中で使用されている緊急避妊薬です。性交後72時間以内に服用することによって予期せぬ妊娠を防ぐことが出来ます。強い避妊効果が期待することが出来る一方で、体に負担をかける場合がありますので常用することはオススメできません。あくまでも緊急的に使用するものです。アイピルを服用後...

生理が遅れるケースを見てみよう 2019年07月17日

女性にとって生理が毎月きちんと決まった日に来るかどうかというのは、健康のバロメーターであるといえます。生理が遅れる原因は様々です。ここで、生理が遅れるケースを見てみようではありませんか。まずは、妊娠している可能性です。排卵しなければ、生理は来ません。病院に行く前に検査薬でチェックしてみましょう。次に...