• ホーム
  • 医薬品を用いた緊急避妊法は時間の経過が重要

医薬品を用いた緊急避妊法は時間の経過が重要

緊急避妊薬は、モーニングアフターピルもしくはアフターピルと呼ばれています。
様々な事情が要因となり避妊に失敗してしまった性行為後、低用量ピルを飲み忘れてしまった際の対処方法としてアフターピルが用いられます。
性行為後の72時間以内に摂取することにより、望まない妊娠をしてしまう可能性を8割減少させることが可能です。

現在、緊急避妊方法はアフターピルを用いる2種類の方法が存在します。

一つ目の方法は、中用量ピルを用いた緊急避妊方法です。
性行為後の72時間以内に、中用量ピルを2錠を摂取します。
摂取した12時間が経過した後に再び2錠服用します。
吐き気や月経痛に似ている腹痛が起こることが確認されており、現在においては使用されることはほぼありません。

二つ目の方法は、日本においては2011年に認可され産婦人科など医師が処方すること購入できます。
どのような方法もホルモンの量を一時的に増加させ、排卵を抑えたり遅らせることにより、無排卵や遅延排卵、黄体期を短縮させ避妊の効果を高めます。
性交後に服用する場合は、早いほど避妊の成功率が高まることからアフターピルの多くは72時間以内の摂取が適切としています。

しかし、海外の研究期間による発表では72時間以上経過していたとしても120時間を経過していなければおよそ6割の避妊効果があるとされています。
仮に、避妊に失敗してしまったとしても妊娠時にはアフターピルを大きく上回る女性ホルモンが分泌されていることから胎児に悪影響が及ぶことはありません。
低用量ピルであったとしても、医薬品であることから副作用のリスクが無いとは言えません。
医薬品であるということを念頭において、不安であればすぐに医師に相談するということも大切です。

関連記事
生理時出血量も減少できる避妊ピルのオンライン処方 2019年11月22日

高い確率で妊娠を回避させることができる避妊薬のピル、最近では低用量ピルも解禁となり、女性の生活は格段に改善されるようになってきました。ピルには避妊効果だけではなく、毎月訪れる生理を安定させる効果もあり、生理に伴う様々な問題に悩まされてきた女性には、まさに救世主ともいえる医薬品です。ピルを服用するよう...

避妊薬は頭痛薬と併用しても構いません 2019年10月26日

避妊薬を様々な目的の為に服用している女性が最近とても多くなっています。そして女性というのは頭痛で悩んでいる人も非常に多いものです。そもそも避妊薬の服用を開始する前から、頭痛薬を日常的に服用している女性というのもかなり存在するものなのです。そのような女性は避妊薬の服用を開始したいけれど頭痛薬と併用して...

排卵後は男性に避妊を頼まなくても大丈夫? 2019年09月26日

排卵後は一般的に妊娠する可能性が低い、いわゆる「安全日だ」と言われるようになっています。コンドームなどの避妊をせずに性行為を行い、そして膣内で射精をしたとしても妊娠に至る可能性が低いということから、排卵後は男性に対して避妊を頼まないというようにしている女性もいます。ですが実際のところ、避妊が必要な状...

避妊で膨満感を感じるケースとは 2019年08月30日

避妊用ピルを使用する場合は、様々な副作用が含まれますし、内臓に不快感は発生したり、膨満感を感じるケースが有ります。ピルは、ホルモンに働きかける避妊用品ですから、使用を継続して行う時は、体調の変化に十分注意を行いましょう。膨満感が発生する時は、腸の働きに鈍りが起こっていたり、実際にお腹の腫れが生じてて...

生理が何日遅れると妊娠の可能性があるか 2019年08月14日

一般的に妊娠しているかもしれないと気付くのは生理の遅れがきっかけが多いです。では、生理が何日遅れたら妊娠の可能性があるのか説明していきます。もちろん、生理が予定日になっても来ないからと言って必ずしも妊娠しているというわけではありません。実際に、体調不良やストレスが原因で生理不順はあります。生理が何日...

アイピル (I-Pill)使用しても生理が来ない!? 2019年06月29日

アイピル(I-Pill)は世界中で使用されている緊急避妊薬です。性交後72時間以内に服用することによって予期せぬ妊娠を防ぐことが出来ます。強い避妊効果が期待することが出来る一方で、体に負担をかける場合がありますので常用することはオススメできません。あくまでも緊急的に使用するものです。アイピルを服用後...

不正出血が起こる原因 2019年06月17日

性行為でコンドームをつけずに常に緊急避妊薬に頼る人々が多くいます。もともと避妊薬には副作用があるとされており、その副作用もさまざまです。緊急避妊薬によって不正出血が起こる原因としては、副作用が関係していると思われます。その多くには血栓症があります。心臓と肺に血液の流れがせき止められることによって起こ...

生理が遅れるケースを見てみよう 2019年07月17日

女性にとって生理が毎月きちんと決まった日に来るかどうかというのは、健康のバロメーターであるといえます。生理が遅れる原因は様々です。ここで、生理が遅れるケースを見てみようではありませんか。まずは、妊娠している可能性です。排卵しなければ、生理は来ません。病院に行く前に検査薬でチェックしてみましょう。次に...